FC2ブログ
Over Break
高校生慎崎 薫が自転車に魅せられていきます! 慎崎には仲間が増えていく予定です!でもその逆になる可能性も…

Menu

カレンダー
07 « 2018 / 08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ドラク

  • ドラク
  • 年齢:15歳の中学生です。
    誕生日は8月7日です!
    性別は男
    好きなものは…
    …金!!!
    バスケ

    福山雅治
    BUMP OF CHICKEN
    嫌いなもの
    魚介類が一番…
    この頃炭酸を体が受け付けないです…
    趣味
    バスケをすること
    音楽を聴くこと

    こんな俺ですがよろしくお願いします!!

月ごとの記事

カテゴリー別の記事

最近の記事

コメント

トラックバック

リンク

検索
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/----:--】 スポンサー広告 | page top↑


第六話  The model of an explosive leg, and an explosive slope

「さぁて…今日も坂に行くか!」
蘭くんはそう叫ぶ。坂ってどんな坂?
「慎崎君はちょっと厳しいかもしれないから、筋トレとかしててもいいよ?どうする?」
夜藤さんは優しい…けど俺は行く!
「行きます!!どんな坂でも走ってみせます!」
そして俺はまだ見ぬ坂へと自転車を漕ぎ出した。

「高…。」
俺達は例の坂についた。
「なんすか…これ?」
「これはね通称龍峰坂って言うんだ。本当の名前は五色山ていうんだけどね。」
「ここらで一番速いチームは俺らだ。ここでは速いチームの名前が付けられる。」
蘭くんと夜藤さんは言う。速い人の名前が付けられるなんて…感動!!ここに俺も名を刻めるのだろうか。
「行くぞ。」
俺達はその坂に登り始めた。

―きつぃ…なんだよこれ。
俺はまだ200mぐらいしか走っていないのに足が痛くなってきた。
「慎崎君大丈夫?」
「あ…はい。」
「猛。ほっとけ。お前は優しすぎる。甘やかしすぎる。」
蘭くんはスピードを上げる。
「…………夜藤さん………蘭くんの…脚質って…何なんですか?」
「蘭の?…スプリンターだよ。得意な所はダウンヒル。」
「ダウン…ヒル?…坂…ですか?」
「そう。普通は下り坂のときにブレーキを掛ける。でも蘭はブレーキを掛けない。それどころか漕ぐんだ。それによって蘭は驚異的な速さを手に入れた。」
蘭くんもスプリンター。俺とは何が違うんだろう。

「お~い。5分後に下るぞ!」
「分かった!今行く!慎崎君は呼吸を整えてゆっくりね。」
「はい…あっそうだ。十島さんの脚質は何なんですか?」
「十島?十島はクライマー。上り坂で力を発揮する。でもくだりは苦てっていう人もいるんだ。十島はまだ分からないけど。」
「クライマー…。」
「よし!下るぞ!!」
「おう!」

―うわっ!こぇ~。蘭くんなんでそんなに漕げるんだ!?
「慎崎君ゆっくりでいいよ!」
今の俺はあの人たちに追いつける自信がない。ゆっくりと降りなければ…。怪我をしたら元も子もない。十島さんは…。
「慎崎遅いぞ。」
喋った!?なんか普通に走ってる。
「まぁ仕方ないな。」
くそ…自分の無力さを知った。

「あ~疲れた!!」
部室に帰ると皆は着替えていた。
「お…疲れ様です。」
「お疲れ!!慎崎く」
「お前基礎体力がなってない。鍛えろ。」
夜藤さんからの言葉を消して蘭くんが言葉を飛ばしてきた。
「腹筋30回、背筋30回、腕立て30回、スクワット30回を一日3セットだ。」
―うぇ。きつくね?
「やらんかったら…沈める。」
死刑宣言!!頑張らねば…。
「かいさ~ん。」
俺はふらふらになりながらも家に帰り、短い時間で筋トレをしようと思ったが、5時間かかった。今日はベットに入るなり寝てしまった。

「おはようございまぁ~す!!」
「おっ!慎崎君今日は早いね!蘭はまだだよ。」
「蘭くんまだなんですか?」
「うん、あいつチャリ漕げば速いからね。」
「そうですか…そういえば!聞いてくださいよ!昨日あんなに坂登ったのに筋肉痛じゃないんです!俺はすごいのかも…」
「調子に乗るな。」
「あっ蘭。」
俺は一発殴られた。
「すみませんすみません!」
「まぁまぁいいじゃないか。じゃぁ慎崎君チャリに乗ってみなよ。」

ぐはっ!!俺は顔を歪めた。
「いてぇ~~~~!!!!」
「自転車は普段使わない筋肉を使うから全然違う所が筋肉痛になるんだ。」
「ということで、お前今日はチャリ乗るの禁止。」
マジデ!?
「そのかわり泳げ。」
「はい?」
「プールでな。」
俺はプール場に連れて行かれて投げ飛ばされた。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

えーーーー!今度はプールですか!?本当におもしろいですね!読んでて全然あきない小説です!才能あるんじゃないんですか?すごすぎです!
慎崎君、本当にすごいやつですね。少し前まで自転車さえのれなかったのにあんなにスピードだしちゃって・・・・。慎崎君の過去というのがとても気になる天葉でした♪
【2006/10/26 19:56】 URL | 天葉 #- [ 編集]


こんばんは♪
夜籐さんは優しいですね。
蘭君・十島君、そして夜籐さん。アメとムチ状態ですね。
基礎体力をつけるための、トレーニングを始めるのかな。
プール、何をするんでしょう??
【2006/10/26 20:40】 URL | kazu osino #7av6LuR2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/26 21:28】 | # [ 編集]


何とか全部読みきれたゎぁ!
プールに入るのって1人で練習ってことか?
これからもおもしろい文章作ってけよぉ!
【2006/10/27 18:18】 URL | S #- [ 編集]


天葉さん・・・そんなおだてちゃったら調子んのっちゃいますよ
ドラクさんわね♪
【2006/10/27 18:38】 URL | フレイ #- [ 編集]


すいません遅れました
>天葉さん
いやいや才能なんて…フレイさんが言うとおり調子に乗っちゃいますよ俺w
薫の過去はしばしお待ちを…

>kazu osinoさん
そうですね、厳しさも甘さもあるのがいいんです!
薫はふぬけなのでそう簡単に体力は…
って感じですかね?w

>Sさん
もちろん一人で練習!
俺はいやだけどねw
期待して待っててくれ

>フレイさん
そう俺は調子に乗っちゃうよ!?
調子に乗るといい感じになる(何
【2006/11/02 18:21】 URL | ドラク #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://overbreak.blog80.fc2.com/tb.php/7-c46200c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。