FC2ブログ
Over Break
高校生慎崎 薫が自転車に魅せられていきます! 慎崎には仲間が増えていく予定です!でもその逆になる可能性も…

Menu

カレンダー
11 « 2018 / 12 » 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ドラク

  • ドラク
  • 年齢:15歳の中学生です。
    誕生日は8月7日です!
    性別は男
    好きなものは…
    …金!!!
    バスケ

    福山雅治
    BUMP OF CHICKEN
    嫌いなもの
    魚介類が一番…
    この頃炭酸を体が受け付けないです…
    趣味
    バスケをすること
    音楽を聴くこと

    こんな俺ですがよろしくお願いします!!

月ごとの記事

カテゴリー別の記事

最近の記事

コメント

トラックバック

リンク

検索
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/----:--】 スポンサー広告 | page top↑


第八話  Basic physical strength was attached?

プールでの生活は一週間経つ。
「もう…我慢できないです!!!」
「…何が?」
なんですか、その蘭君の答えは?
「いい加減チャリに乗せてくださいよ!」
毎日毎日プールで泳がされていた俺はいい加減限界だった。
「もう限界です!乗らせてください!」
「うん、いいよ。」
「そんなこと言って!また乗らせないんでしょ!」
「いや、だからいいって。」
蘭君の言葉も聞かずに俺はギャーギャー騒いでいた。
「うるさいぞ、一年坊主。」
「なっ!…。」
振り向けば…十島さんがいた。
「主将が言ってるんだ。乗れ。」
「…はい。」
十島さんとまともに話したのはこれが初めてだ。なんか…怖い。十島さんは本当に二年生なんだろうか。
「大丈夫だよ、慎崎君。」
「夜藤さん。」
「あいつはあれでも喜んでるんだよ。分かりにくいけどね…。」
「夜藤さん。十島さんは二年なんですか?」
「うん、そうだよ。」
「本当に?」
「うっ…ごめんちょっと嘘。あいつは本当は三年だ。でも二年のときに病気であんまり学校にこれなかった。だから進学は無理だったって訳さ。」
「そうだったんですか。」
「まぁ一応先輩後輩って感じだから。」
十島さんも大変なんだな。
「坊主。行くぞ。」
十島さんが呼んでいる。
「今日は十島についてって。今日はきついよ~。離されちゃ駄目だよ。」

ここ…か。きつそう。
「俺について来いよ。いくぞ。」
「は…はい。」
十島さんと俺は走り出した。十島さんは小さい。
「十島さん。体が小さいほうが坂は楽なんですか?」
「あぁ…そうだな。大きい体よりかはな。例えば…ジャイアント馬場が漕ぐよりも、猫ひろしのほうが坂は速い。でもな、下り…ダウンヒルは体が大きいほうが楽だ。」
ジャイアント馬場…猫ひろし…十島さんって実は…。
「じゃあ…上げるぞ。」

「くっ…速い!」
ちょっとまだ30分だぜ。こんなに速いスピードで登るの?
この坂は結構長い。
「どうした?レースじゃこれよりも長いぞ。」
十島さんは今まで一回もダンシング(立ち漕ぎ)してない。俺は殆どシッティング(座り漕ぎ)できないのに…。
「お。緩やかになったな。」
やった…。少し休める。
「よし。俺はここから一気に頂上に行くからな。俺が頂上についてから30分以内にお前も来い。俺が頂上に向かう間も走っていいからな。」
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

こんばんは♪
プール生活一週間。それはよく我慢したね、薫君。
十島さんの口から猫ひろし・・・。
なんだかギャップな人の予感・・・・。
薫君、がんばれ~。
【2006/11/12 00:33】 URL | kazu osino #7av6LuR2 [ 編集]


>kazu osinoさん
一週間はきついですよね…
ホントに我慢してくれました…
十島さんはこれから意味が分からない方向に持ってこうと思いますw
【2006/11/15 23:20】 URL | ドラク #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://overbreak.blog80.fc2.com/tb.php/11-19f6009b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。